イタリア

バーに行ってみよう[イタリア]

  • 2014.10.24
  • ミサチカ

バーに行ってみようのイメージ写真

  • Looks : 5/5
  • Character : 5/5

海外に出向くというのは、仕事の関係上殆どの人が経験しているものと思います。

仕事とは言いましても、やはり「楽しみ」があるものですよね。

例えば、仕事がひと段落した後、余った日数を観光で消化するというのはお決まりではないかと思います。

言い方が下品ですが、タダで海外旅行をしているようなものですからね。
大体の人は、これを目指して早く仕事を終わらせようとするものです。
私も、そんな人間の一人です。
自分が生まれ育った国とは違う文化や景色、空気を触れるというのは滅多に無いことですからね。

あと、男にとってはもう一つ「お楽しみ」がありますよね。
そう、出会いです。
異国の美女と一夜を共にする、憧れのシチュエーションですからね。
中には、飾り窓を利用して手っ取り早く済ませてしまう人もいます。
まあ私もそうすることはありますが、時間があるのであれば、出会いから楽しみたいものではないですか。

・どこで出会うか
お決まりは、バーですね。
特にイタリアはすごいですよ。
男女関わらず、一人で飲んでいるとすごい話しかけてきますから。
しかも、英語を話せれば大体の人は会話が成立するので、コミュニケーションが取りやすいのです。

私がイタリアのバーで飲んでいた時に出会った女性は、ソフィアという名前でした。
社会人ではありますが、働きながら大学で法律を学んでいるという話で、法学部出身の私はすっかり意気投合してしまったのです。
その日は連絡先を交換して別れました。

バーに行ってみよう

ソフィアは、髪はベリーショートというんでしょうか、結構パンクな髪型でしたね。
しかし胸は大きく、かなり女性的なボディラインをしていたので、そのギャップが妙に艶かしく、印象的でした。
一応、次の日も仕事だったのですが、もうソフィアの事が頭から離れず、仕事が終わるとすぐにメールですよ。
こんな気持ちは、学生時代以来なので、かなり楽しかったですね。
飾り窓では、なかなかこの感覚が楽しめないので、やはりこういった出会いで楽しむのが一番だと、つくづく思いました。

【情報解禁】たろうが日本に居ながら学生や完全素人の外国人と出会う方法を教えます

【海外の風俗遊びをする方必見!】管理人たろうが常備する薬一覧&安く購入する方法をまとめました

大人の遊び方に広告を掲載致しませんか?

こんにちは。管理人のたろうと申します。
イタリアのコンテンツを閲覧頂きありがとうございます。
大人の遊び方では、広告を募集しております。
運営をはじめたのが2014年の11月ですが、2015年5月現在で、セッション90,000 PV250,000以上と毎月右肩上がりに伸びております。
多少のしがらみがあり、現在サイト上で広告料を提示できておりませんが、とてもリーズナブルな料金体制でご提供させていただきます。
記事広告も合わせて募集しておりますので、お問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。

Pocket

大人の遊び方をフィード購読

  • follow us in feedly
  • RSS subscribe

バーに行ってみようのキーワード

  1. 海外
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  • イタリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CATEGORY

細かいカテゴリーに関しましては、ページ左上のメニューボタンをクリックしてご確認下さい。

KEYWORD

ABOUT US

大人の遊び方は海外の風俗/ナイトライフの体験談を中心に“海外+性”のキーワードをもとに情報を発信しております。

これからも使いやすさを第一に運営を心がけていくので、何卒よろしくお願いします。 記事の投稿にご協力頂ける方は、こちらからご連絡下さい。

免責

投稿サイトの性質上、中には日本及び現地で犯罪になってしまうこともあるかもしれません。
あくまでも情報を共有しているだけですので、実践する場合はご自身の責任で行って下さい。
大人の遊び方では一切の責任を負いかねます。

管理人