1. 大人の遊び方
  2. 海外
  3. 北米
  4. アメリカ
  5. サンフランシスコのストリップバー

アメリカ

サンフランシスコのストリップバー[アメリカ]

  • 2015.06.02
  • おこげ

サンフランシスコのストリップバーのイメージ写真

  • Looks : 5/5
  • Character : 5/5

大分前の話しですが、サンフランシスコに留学していた時の事…。

カリフォルニア州全体が「人種のるつぼ」と言われて、本当にいろいろな人が世界中から集まってきます。
ですがサンフランシスコは特に!人種だけではなく、性別も(?)いろいろな方が集まってきます。
ゲイのメッカと言われるぐらいなので、もちろん世界中のゲイの方が…、ゲイだけではなく、そこらそん中にレズビアン・バイセクシャルのカップルを目の当たりにします。
学校の先生も、ファッション専攻だった為か、男の先生はみんなゲイ。。。
そんな中で生活をしていたら、当然の事ながらノーマル、女性の私も性に関する話しにオープンになっていました。

日本帰国前は、知人の日本人男性にお願いをして、念願叶ってのストリップバーへ連れて行ってもらいました。

お店の名前は忘れてしまったのですが、North Beachエリアの一角。
North Beachエリアは別名イタリア街とも呼ばれていて、イタリアンレストランもたくさんあるのですが、一方でストリップバーがひしめき合って、大人のおもちゃ系のお店もたくさん!
サンフランシスコでストリップバーと言えばココ!という感じです。

早速、知人の後ろをついて行って中へ…。
中へ入ると真っ赤なカーテンで仕切られて、通路(?)が作られていました。

そこを通ってステージのある場所へ…。
(ちなみに通路だと思っていたカーテンの裏側では特別リップサービスを受ける為のスペースになっているのだとか。)

ステージのあるスペースは、本当にムーランルージュなど映画で見た劇場という感じ。
一応、女性という事で、わざわざキレイ目の場所を選んで連れてってくれたみたいです。
で、女性が交代で出てくる出てくる。1人何分ぐらいだったのか…。

何cm!?というようなハイヒールを履いて、ステージ上で身体をくねらせ、ポージングをし、みんなを誘惑♪
ストリッパーは外国人だから、足も長くて、顔だちも整ってるし、何をやってもキレイに見える。

一回、SM担当?みたいな人がでてきて、にしおかすみこの物まねをしてる時は、???になってしまいましたが。。。

ちなみに、近くまで行ってステージ上チップを置くと、特別サービスを受けられるらしく、私と一緒にいた女友達もさっそくキレイなお姉さんのところへ…。
チップは紙幣を置けば良いみたい。アメリカのお金は1ドルから紙幣になってるので、軽い気持ちでポイポイっとチップを置くと、ちょー布面積の小さいビキニを着たお姉さんが間近で特別ポーズを!私たちの為に!!!
う~ん!!!キレイっ★

思わず見惚れているところに、となりの女友達は「そんな小っちゃい布ッきれ、取っちまいなよ…」とボヤいてました。
確かに…。大事な箇所が、かろうじておおわれてるだけ。
そのあとV字開脚するお姉さん。
女友達「具が、どうしてはみでないんだ…!?」
確かに…。

きっとソコも日本人とアメリカ人では造りが違うんだよ…。
毛の処理もちゃーんとされてて、どこまでもキレイだったなぁ。

ステージ上でのパフォーマンスが終わったストリッパーは、みんなが座っている方へきてウロウロしてる。
ちょっと目配せしてみたりして誘ってる。

そのタイミングで最初の赤カーテンの裏へ行く相手を見つけるみたい。
お気に入りのキレイなお姉さんが来てアピールしてくれたけれど。うーん。。。さすがに私たちはそこまで行けない。

結局、ひとしきりパフォーマンスを見て、初めてのストリップバーは終了。
本当にストリッパーの人はキレイだったなぁ…。

ちなみに、カリフォルニア州の?サンフランシスコ市の?法律で、お酒を出すバーのストリッパーは全裸になっちゃダメ(意味があるのか!?というような布きれでも良いから下の部分が覆われてなくちゃダメ)で、お酒を出さないところだと全裸ストリッパーが見れるそうです。

全裸ストリップバーで有名なのは、「o’farrell theater」。
Tenderloinエリアという、治安がよろしくないところにあるバーで、入口で懐中電灯を渡してくれるそう。

暗闇の中で全裸ストリッパーにその懐中電灯の明かりをあてて楽しむって聞いて、むちゃくちゃ好奇心を駆り立てられたけれど…。

ちなみに、お店でお酒は出してないけれど、持ち込みは自由のようで、実質みんな中でお酒を飲んでいるみたい。
やっぱり女性が興味で行くようなところでは無いみたいで、みんなに止められました。

私は行く機会がなかったけれど、行ってみたかったなぁ…。
サンフランシスコでのストリップバー、、、今でも鮮明に覚えている忘れられない思い出です。”

【情報解禁】たろうが日本に居ながら学生や完全素人の外国人と出会う方法を教えます

【海外の風俗遊びをする方必見!】管理人たろうが常備する薬一覧&安く購入する方法をまとめました

大人の遊び方に広告を掲載致しませんか?

こんにちは。管理人のたろうと申します。
アメリカのコンテンツを閲覧頂きありがとうございます。
大人の遊び方では、広告を募集しております。
運営をはじめたのが2014年の11月ですが、2015年5月現在で、セッション90,000 PV250,000以上と毎月右肩上がりに伸びております。
多少のしがらみがあり、現在サイト上で広告料を提示できておりませんが、とてもリーズナブルな料金体制でご提供させていただきます。
記事広告も合わせて募集しておりますので、お問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。

Pocket

大人の遊び方をフィード購読

  • follow us in feedly
  • RSS subscribe

サンフランシスコのストリップバーのキーワード

  1. 海外
  2. 北米
  3. アメリカ
  • アメリカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CATEGORY

細かいカテゴリーに関しましては、ページ左上のメニューボタンをクリックしてご確認下さい。

KEYWORD

ABOUT US

大人の遊び方は海外の風俗/ナイトライフの体験談を中心に“海外+性”のキーワードをもとに情報を発信しております。

これからも使いやすさを第一に運営を心がけていくので、何卒よろしくお願いします。 記事の投稿にご協力頂ける方は、こちらからご連絡下さい。

免責

投稿サイトの性質上、中には日本及び現地で犯罪になってしまうこともあるかもしれません。
あくまでも情報を共有しているだけですので、実践する場合はご自身の責任で行って下さい。
大人の遊び方では一切の責任を負いかねます。

管理人