1. 大人の遊び方
  2. 海外
  3. オセアニア
  4. パラオ共和国
  5. 自分の慰安旅行先で知り合った男の人と・・

パラオ共和国

自分の慰安旅行先で知り合った男の人と・・[パラオ共和国]

  • 2015.03.23
  • ビキニ

自分の慰安旅行先で知り合った男の人と・・のイメージ写真

  • Looks : 2/5
  • Character : 4/5

私は、先月まで都内の大手銀行で働いていたのですが、月末のノルマや残業の多さに嫌気がさして、女性である私がこのまま一人でどれだけ頑張れるのかと言う不安が有ったので、思い切って銀行を退職し、今まで頑張った自分に御褒美と言う事で、以前友達と一緒に行ったパラオ共和国へ今度は一人で行ったのです。

以前、パラオへ来た時は綺麗な海辺のホテルで宿泊をしたので、今回もそこで泊まる事にしたのです。

ホテルに入った時は夕方になっていて、目の前に広がる大海原に沈む夕日を見ていると、本当に綺麗な景色で、思わずうっとり。
そんな時、ふと思うのは、彼氏が欲しいな・・と言う事なのです。

食事が終わってからホテルを出て、ふとオシャレなパブが目にとまったので、中には行ってみると、店内はあまりお客さんがいなくて静かな雰囲気だったのです。

私は、これでも多少は英語を勉強したので、ある程度の英会話には自信が有ったのです。

静かな店内で、一人でゆっくりとお酒を飲んでいたら、ふと、お店のマスターが試作品のカクテルをサ-ビスしてくれたのです。

いつも日本でなら、一人でゆっくりするはずの私も、海外で一人旅をしていると、急に人恋しさになるのか、そのお店のマスターとあっという間に打ち解けてしまったのです。

そのマスターは、お世辞にもカッコイイと言うタイプでは無いのですが、ニコニコした笑顔が素敵で、とても楽しい人だったのです。

そして、明日の予定を聞かれたので、特にフリータイムだけど、と答えたら、「じゃあ、僕と一緒に海で遊ばないかい?」と誘われたのです。

流石に少し戸惑いましたが、人恋しさや、お酒の勢いに負けてしまい、OKをしてしまったのです。

そして次の日、約束をしていた時間にお店の前へ行くと、そのマスターが車を出してきて、「とっておきの場所へ案内するよ」と言い、そのまま彼の車に乗り込んで一緒に彼とっておきのビーチに着いたのです。

流石に地元の人が知っているビーチだけに、青い海原と青い大空、そして白い砂浜がとても綺麗で、さっそく泳ぎたくなった私は、急いでお気に入りのビキニに着替えて海に入ったのです。

彼も一緒に水着に着替えて海に入ると、「すごくセクシーなボディだね、ビキニ姿がとても綺麗だよ」と言ってくれるので、少し恥ずかしくなってしまったのです。

小一時間ばかり泳いだら、流石に疲れたので、一緒に砂浜の木陰で休んでいると、不意に彼が私に優しくキスをしたのです。

私が、少しビックリして

「どうしたの、急に?」

と言うと、

「君の素敵な瞳と身体が好きになってしまったんだ」

と言って来たのです。

私は、突然の事にどうしていいか分からず、ただ

「ありがとう、うれしい」

と言うと、また私の唇にキスをしてくれたのです。

私は、いつもと違う夢みたいな綺麗な景色と情熱的な彼のキスにすっかりスイッチが入ってしまい、今度は私の方から彼に激しくキスをしたのです。

お互いに激しく絡み合う唇と舌、そして彼の両手が激しく私の腰やお尻を愛撫してくれるのです。

そのたまらない刺激に、私の乳首はあっという間に硬くなってしまい、そして私の中からは恥ずかしい愛液が自分でも信じられない位にドロドロと溢れ出し、ビキニの大切な部分にどんどん染みだしてしまったのです。

それからの事は、あまりにも刺激的過ぎた体験だったので、はっきりと覚えてはいませんが、誰もいない静かなビーチの草陰で、私は彼にビキニを全て脱がされ、上を向いたまま両足を広げた恰好で、彼の熱い部分を受け入れたのです。

私の中に入った瞬間、今まで味わった事の無い快感が体中を貫き、私はたまらず「・・あああ・・す・・すごいいい・・」と叫んでしまったのです。

それからお互い一つになったまま、私は無我夢中で腰を振り続け、

「あうう・・あん・・」

「・・も・・もっと・・もっとちょうだい・・」

「・・あうう・・い・・いい・・いく・・いく・・」

と叫びながら何度もイッてしまったのです。

やがて彼も限界を迎え、

「・・ううう・・」

と唸った瞬間、彼のアレから熱い愛液が私の身体の中に激しく放たれ、その瞬間。私も

「・・あああ・・すごおいいい・・」

と言いながら彼の愛液を全身で受け止めてしまったのです。

幸い、安全日でしたし、万が一の事に備えてピルを用意していたので、不測の事態にはなりませんでした。

でも、こんな所でした事はすごく刺激的で、それ以来彼とは、私がパラオへ遊びに行く度にエッチを楽しむ仲になってしまったのです。

 

【情報解禁】たろうが日本に居ながら学生や完全素人の外国人と出会う方法を教えます

【海外の風俗遊びをする方必見!】管理人たろうが常備する薬一覧&安く購入する方法をまとめました

大人の遊び方に広告を掲載致しませんか?

こんにちは。管理人のたろうと申します。
パラオ共和国のコンテンツを閲覧頂きありがとうございます。
大人の遊び方では、広告を募集しております。
運営をはじめたのが2014年の11月ですが、2015年5月現在で、セッション90,000 PV250,000以上と毎月右肩上がりに伸びております。
多少のしがらみがあり、現在サイト上で広告料を提示できておりませんが、とてもリーズナブルな料金体制でご提供させていただきます。
記事広告も合わせて募集しておりますので、お問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。

Pocket

大人の遊び方をフィード購読

  • follow us in feedly
  • RSS subscribe

自分の慰安旅行先で知り合った男の人と・・のキーワード

  1. 海外
  2. オセアニア
  3. パラオ共和国
  • パラオ共和国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CATEGORY

細かいカテゴリーに関しましては、ページ左上のメニューボタンをクリックしてご確認下さい。

KEYWORD

ABOUT US

大人の遊び方は海外の風俗/ナイトライフの体験談を中心に“海外+性”のキーワードをもとに情報を発信しております。

これからも使いやすさを第一に運営を心がけていくので、何卒よろしくお願いします。 記事の投稿にご協力頂ける方は、こちらからご連絡下さい。

免責

投稿サイトの性質上、中には日本及び現地で犯罪になってしまうこともあるかもしれません。
あくまでも情報を共有しているだけですので、実践する場合はご自身の責任で行って下さい。
大人の遊び方では一切の責任を負いかねます。

管理人