1. 大人の遊び方
  2. 海外
  3. 南米
  4. ブラジル
  5. 情熱的な接吻に酔いしれて!

ブラジル

情熱的な接吻に酔いしれて![ブラジル]

  • 2015.05.15
  • 健太

情熱的な接吻に酔いしれて!のイメージ写真

  • Looks : 4/5
  • Character : 4/5

1月25日深夜、私は全日空ジャンボ機で新成田国際空港を飛び立った。

12時間後、日付け変更線を越えたジャンボ機は真夜中のニューヨーク・JFK空港に到着した。
乗り継ぎで約六時間待たされた。アメリカン航空ジャンボ機でリオデジャネイロへ出発した時、時計の針は朝六時を指していた。

機内には、白人、黒人、アジア人など、様々な人種の匂いが混ざり合っていた。
正しくそこは、グローバルな世界だった。
それから約10時間後、北米大陸とカリブ海を南下し続けたジャンボ機は、現地時間の午後4時、灼熱の太陽輝くアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港に到着した。
約30時間の長旅だった。

バッゲージクレイム(手荷物受取所)で自分の荷物を待っていると、1人の男が声を掛けてきた。
ポルトガル語で何かを捲くし立てたが、何を言っているのか分からない。
分からなかったが異国に来たことを実感した。

空港のエントランスを1歩出ると、サウナのような熱気が体全体を覆った。
急いでタクシー乗り場に向って、ダウンタウンにあるコパカバーナ海岸に向った。
綺麗な砂浜がどこまでも続く海岸が見えてきた。

寄せては返す波際を、乳首を僅かに隠す程度のトップと見事な双臀が露わになったTバックのボトムを身に付けた若いギャルたちが闊歩している。
水平線の彼方に、赤く燃えるような太陽がゆっくりと沈みかけていた。
(来たぞぉ~!やっと、着いたぞぉ~!バコバコやるぞぉ~!)
心の中で、私は雄叫びを上げていた。

世界有数の海岸でたっぷりと目の保養をした私は、予約していたオットン・パレス・ホテルにタクシーで向かう途中、タクシーの運転手から色々な情報を収集した。

ストリートガールの他に、テルマと呼ばれるサウナ、ボアッチ、バゴーン、バルといったセックスを目的とした大人の社交場、そして値は張るけれども女性の質は保証できるエスコート等のサービスがあることを教えて貰った。
タクシーがホテルに近づくにつれ、街路樹の植えられた歩道を歩くストリートガールの姿が目立ってきた。
数人のガールが、私に向って笑顔作ってくれる。下半身に痺れを感じながら、軽く手を振り返した。

ホテルの車寄せにタクシーが停まった。
貴重な情報に感謝して、チップを上乗せして料金を払うと、運転手は殊の外喜んでくれた。
「オブリガート!」
大声で礼を言って、勢いよくドアを閉めた。エントランスに向う足取りも軽かった。

エアコンの利き過ぎたロビーにも、それらしきガールがウロウロしていた。
皆、色とりどりの原色の服に身を包み、己の肉体を誇示しているようだ。
そんなガールたちには一切目もくれず、焦げ茶色の革張りのソファでは二人のビジネスマンが、顔を付け合せて話し込んでいた。

三角テントを張り始めたズボンを悟られないように私はロビーを横切り、フロントでチェックを済ませた。
キーを持った私に、またしても一人のガールが手を振ってきた。
もう完全に私の頭は、あのコトで独占されていた。

エレベーターに乗ると、今度は20歳そこそこのベルボーイがウィンクしてきた。(やっぱり、ブラジルは違うなぁ~)

そんなことを考えていると、エレベーターが18階に到着した。
長い廊下を背の高いベルボーイと並んで歩いて、今夜の部屋#1818に着いた。

キーを挿し込み、ドアを開けると、意外と大きな部屋だった。
西陽を遮るため閉められていた黒色のカーテンを引くと、金色に輝く太陽が水平線に消えかけていた。
ベルボーイにも大目にチップを渡してやった。予想通り、再び私にウィンクした。

ギンギンに突っ張った肉茎の火照りを鎮めようと、バスルームに直行した。
そのまま溜まりに溜まった精液を扱き出そうかとも思ったが、勿体ないのでやめた。
冷たいシャワーを浴びると、少し落ち着いた。

備え付けの冷蔵庫から冷えたビールを取り出し、ゴクリゴクリと喇叭飲みした。体が芯から蘇ってきた。(さて、今夜はどのルートで女を落とそうか?)
淫らな思考が頭を駆け巡る。一度は静まった下半身に、再び力が漲ってきた。

さぁ、いよいよ臨戦態勢だ。
部屋に閉じこもっていても、何も始まらないので、着替えて外に出ることにした。
エレベーターでロビーに下りると、さきほど手を振ってくれたガールが再び手を振ってくる。
ロビーを横切り、エントランスを出ようとすると駈け寄ってきた。

「ドンデ・バモス?」
「!?」
「フェア・ユー・ゴー?」
今度は、聞き取れた。
「ジャスト・ウォーキング」
「コン・ミー?」
「!?」
「ウィズ・ミー?」

大きな黒い瞳が、クルクル動いた。
よく見ると、愛くるしい顔をしている。
聡明そうな額、きりっとした眉、筋の通った鼻、軽くめくれ上がった唇、尖った顎。
ニコッと微笑んだ顔に負けてしまった。

結局、エントランスを出た所で、ロビーに戻った。
腕を組んで、エレベーターに向かった。
「ホワット・ユア・ネーム?」
気を引こうと、下手な英語で訊いてきた。
「ケンタ。ユア・ネーム?」
「アンジェラ」
エレベーターの扉が閉まるなり、アンジェラは唇を重ねてきた。
ディープな接吻が長く続いた。

部屋に入るなり、アンジェラは赤のミニスカートを自ら脱いだ。
パンティは白で股間部分が切り取られている。

彼女が股を開くと、三角巾が縦に割れて左右に裂けた。
薄い陰毛に隠れていたクリと女壺が見えた。
カラフルな花柄プリントの付いたブラウスを脱がすと、綺麗に反り上がった双丘が現れた。

蕾のようなピンクの乳首を舐めながら、股間に掌を当てた。
熱い。中指を伸ばしたままクレパスに押しつける。弾力のある淫肉に指をゆっくりと入れた。愛液が指に纏わりついた。

こうして、私の記念すべきブラジル1日目の夜は過ぎていった。

【情報解禁】たろうが日本に居ながら学生や完全素人の外国人と出会う方法を教えます

【海外の風俗遊びをする方必見!】管理人たろうが常備する薬一覧&安く購入する方法をまとめました

大人の遊び方に広告を掲載致しませんか?

こんにちは。管理人のたろうと申します。
ブラジルのコンテンツを閲覧頂きありがとうございます。
大人の遊び方では、広告を募集しております。
運営をはじめたのが2014年の11月ですが、2015年5月現在で、セッション90,000 PV250,000以上と毎月右肩上がりに伸びております。
多少のしがらみがあり、現在サイト上で広告料を提示できておりませんが、とてもリーズナブルな料金体制でご提供させていただきます。
記事広告も合わせて募集しておりますので、お問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。

Pocket

大人の遊び方をフィード購読

  • follow us in feedly
  • RSS subscribe

情熱的な接吻に酔いしれて!のキーワード

  1. 海外
  2. 南米
  3. ブラジル
  • ブラジル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CATEGORY

細かいカテゴリーに関しましては、ページ左上のメニューボタンをクリックしてご確認下さい。

KEYWORD

ABOUT US

大人の遊び方は海外の風俗/ナイトライフの体験談を中心に“海外+性”のキーワードをもとに情報を発信しております。

これからも使いやすさを第一に運営を心がけていくので、何卒よろしくお願いします。 記事の投稿にご協力頂ける方は、こちらからご連絡下さい。

免責

投稿サイトの性質上、中には日本及び現地で犯罪になってしまうこともあるかもしれません。
あくまでも情報を共有しているだけですので、実践する場合はご自身の責任で行って下さい。
大人の遊び方では一切の責任を負いかねます。

管理人